つみたてNISA/iDeCo

【基礎】つみたてNISAを理解しよう!《つみたてNISA》

 みなさんこんにちは!今回は、最近話題になっている「つみたてNISA」について勉強していきましょう! 私はつみたてNISAは全国民がするべきだと考えています。節税効果のある投資手法なので、投資初心者は必ず理解しておいた方がいいでしょう。わかりやすく簡単に説明していきます。

つみたてNISA

NISA(少額投資非課税制度)

 つみたてNISAは国家が主導し投資業界を盛り上げるために制度化されました。つみたてNISAはその名の通り、「少額の投資金額であり国の認めた基準の商品の運用にかかる税金が非課税になる」という制度です。他の商品は税金がかかりますが、つみたてNISA口座で購入した商品なら税金がかからないというわけです。まず投資を始めたいと思っている方はつみたてNISAから始めてみましょう。

つみたてNISAの概要

投資の運用益が非課税になる。

 先ほど申し上げたように運用にかかる利益が非課税になります。NISA以外の口座では「約20%」の税金が徴収されます。(特定口座)

20%の節税はかなり大きいですよね。使わない手はないはずです!!

流動性がある

 流動性があるとはどういうことなのか。

流動性がある=すぐに売ったり、解約したりできる

 つみたてNISAの場合、毎月一定額を積み立てることができます。しかし何か都合が悪くなった時などにすぐ現金化できます。ちなみに非課税制度に「iDeCo」と言うのがあります。こちらは原則60歳以上にならないと現金化(引き出し)ができません。iDeCoについては後日詳しく説明しますね!!

つみたてNISA口座は1つ

 NISA口座は1つしか開設できません。なのでNISA口座を沢山開設することは不可能になっています。どこの口座で開設するかが大事になっています。

つみたてNISAの運用

口座開設

 つみたてNISAの口座は「銀行」「証券会社」「保険会社」で開設することができます。各会社毎に商品や手数料は違うのでしっかり考えて口座を開設しましょう。(ちなみに私は楽天証券で運用しています。)2042年まで開設可能なのでぜひチェックしてみてください。

年間40万円 20年間の運用

 つみたてNISAはいくらでも投資できるわけではありません。金額が決まっているのですが、

年間40万円(月額最大33,333円) 運用期間20年間(240ヶ月) 合計最大積立金額(約800万円)

となります。(実際は年間399,996円(20年80円)の誤差があります。)100円から投資することが出来るので手軽に始めることができます。

一般NISA・つみたてNISAの比較

 ここでつみたてNISAの他に「一般NISA」があります。ここでは詳しく説明はしませんが、比較表をご覧頂きたき、両者の比較をご覧ください。

最後に

 いかがでしたでしょうか。誰でも手が出しやすく投資を始めるきっかけになると思います。この投稿ではあくまでも「基礎」なのでまだまだつみたてNISAの投稿をガンガンしていきます。読んでくださる方々のきっかけになれたらうれしいです。ご覧いただきありがとうございました。